日本近代化の証人・石炭産業の礎 世界最大最古のコンクリート造りワインディング式立坑櫓「志免立坑櫓」の保存を!




〜写真で綴る立坑櫓〜



かつての志免鉱業所


「現在と昔(案内板より)」
横山さんの作品・ご提供



ななさんの作品



緋川小夏さんの作品




緋川小夏さんの作品



緋川小夏さんの作品



緋川小夏さんの作品

 


 

志免立坑櫓は「世界一」の近代化遺産です!

 今日の日本の繁栄を担ってきた石炭産業。その礎として今も現存する「志免立坑櫓」はコンクリート造りの立坑櫓としては「世界最大・最古」つまり「世界一の立坑櫓」なのです。
日本土木学会は門司港駅舎や長崎の出島橋と同じAランクに認定。「重要文化財に該当する」と高い評価をしています。
国際産業遺産保存委員会事務局長(世界遺産審査)スチュアート・スミス氏も絶賛されました。地域おこし、町づくり、教育、色んな観点からみても国そして地域の歴史的ランドマーク、世界に誇れるシンボルです。


日本人の誇りと歴史を抹殺しますか?

 世界第2位の経済大国に復興したのは、石炭産業の隆盛と、これを苦しさに耐え働き続け支えた人々がいたからであり、これら全てが「日本人の誇り」ではないでしょうか。
 戦後の日本は全てが苦しい辛い時代で、それらを乗り越えて現在の日本の繁栄がある訳で、この事実をしっかり子供や後世に語り継ぐことが「日本人の誇り」を醸成することになります。
その生きた証し、大事な教材「志免立坑櫓」を壊す事は「日本人の誇りと歴史」を抹殺することになります。

保存に莫大な費用はかかりません!

 土木学会の先生方や業者の試算でも文化財的保存であれば数千万の費用で保存できると公言されています。土木学会の著名な某教授は「コンクリート構造の寿命は百年を超える。志免立坑櫓の価値は1年1億とすると現状のまま55年保存したとすると55億円の価値がある。修復方法はいくらでもあり議論はゆっくりやればよい」と学会で講演されました。
また「日本に現存する最重要な炭鉱遺産。地域の宝。もしこれを破壊したら、それは地域の恥というだけでなく世界中の笑いもの」と苦言を呈されました。

『国も県も志免立坑櫓の価値は認めていますが「保存は地元の意思次第」と言っています。

私達は過去からの素晴らしい贈り物・地域の誇り「志免立坑櫓」を保存し活用するための活動を行っております。ぜひご支援をお願いいたします』

志免立坑櫓を活かす住民の会
会員一同

全国からたくさんのコメントを頂戴しております。
皆さま本当にありがとうございます!

●私達にできる事、私にできる事・・・
何かあれば参加したいと思っています。
世界に残せるすばらしい志免立坑櫓・・・
ライトアップ時に是非見てみたいです。

署名メールより
teresaさん(福岡市中央区)


●炭鉱遺跡が好きでかつて2度ほど訪問いたしましたが、あの景観は別格です。あの櫓がある限りこの先も何度でも志免を訪れることでしょう。櫓以外の炭鉱遺跡の保存にも期待したいところです。

署名メールより
小野寺さん(東京都 杉並区)


●小学生の頃、立坑の中を探検しました。子供ながらに圧倒された記憶が・・・。中を整備して志免立坑タワーとか、むっちゃ観光名所になりそうだと考えるのは僕だけでしょうか?活かす会の皆さんはじめ行政に動いてもらえたら支援する人は多いのでは?!ライトアップも素晴らしいですが夜景スポットとして!今後のご健闘期待してます。

署名メールより
NASAさん(志免町育ち志免在住)


● 今、飯塚・田川等旧産炭地が過去の遺産として「昭和のエネルギ源・黒ダイヤ」の産地を盛んに町おこしにPRし、プレスリリースをかけている。
志免町は何故動かないのか?
当初のきっかけ作りは行政ではないのか?
過去の遺産・立抗(炭鉱の郷・志免)を将来のエコトピア(自然環境の郷)への呼び水に出来れば、大きな町づくりにもなるのでは。

署名メールより
三木内さん(志免町片峰中央)


●本日、竪坑を見に行きました。
存在感に圧倒されました。

「スケッチブック」という志免・太宰府周辺が舞台になっている漫画でこの竪坑の存在を知り、竪坑についてのホームページを色々見ていたら一層心惹かれました。

長崎の軍艦島も来年度より観光地として活用するという話です。志免町も懐具合は苦しいかもしれませんが、是非観光等に活用できないか頑張って頂けたらと思います。

署名メールより
岡村 隆一さん(熊本県 八代市)


●もう15年程前の事ですが、学生時代に福岡に住んでいたことがあり、その勇壮な佇まいに魅了され何度も足を運んだ記憶があります。
この立坑櫓は志免の方々の財産であり、私にとっても大切な思い出なのです。

「周囲の景観」、「安全性」、「実質的な必要性」と言った観点だけで解体させてしまうのは非常にナンセンスであり、大きな過ちだと思います。

公共工事で箱物をバンバン建造するのも手っ取り早く大切な事なのだろうとも思いますが、今ある物を保存し、活かす事も(コストはかかると思いますが...)必要なのではないかと思い、微力乍署名させて頂きました。

署名メールより
bluse_birdさん(高知県 高知市)


● 社団法人日本ナショナルトラスト協会のホームページから、志免立坑櫓を活かす住民の会の存在を知りました。 産業遺産に対しては、あまり関心のないわが国ですが、ポーランドでは、ヴィエリチカ塩山を保存して、世界遺産になっています。 志免立坑櫓も、世界遺産となるかどうかは別としても、何とか残してほしいものです。個人的には、長崎の軍艦島(端島)も残していただきたいと思います。

署名メールより
早坂さん(神奈川県 横浜市)


●正直、「廃墟のようで壊してしまえばいいのに」と学生の頃は思った事もありましたが、小さい頃より見てきて、ランドマークとしての存在感や産業遺産としての価値の面から保存した方がいいと思います。

署名メールより
樋口さん(志免町志免)


●立坑があるけん志免やろうもん!!

署名メールより
梅谷さん(大野城市仲畑)


●建築学科に所属する大学生です。日本における近代建築の保存に興味があり、研究テーマとしています。
建築的価値、また産業史上の歴史的価値など、志免炭坑の存在価値は計り知れない物があると考えます。是非残ってもらいたいと切に思います。

署名メールより
佐藤さん(東京都 西東京市)


●この竪坑櫓が、今年に産業考古学会指定産業遺産になった事を大変私はうれしく思っております。自分の住んでいる場所の関係で筑豊や糟屋などの炭鉱遺産の動向に強い関心を示しておりました。この志免のものと同じ竪坑櫓は日本の他の地域にないものであり、世界で見ても志免を含めて3つしかないという大変貴重なものと聞きました。まさに志免は「世界の3分の1」です。機会があれば、ぜひ自分の眼で確かめてみたいと思います。この偉大な竪坑櫓、日本最高の世界遺産です。

署名メールより
桑田将志さん(福岡県 北九州市)


●このHPの写真を掲載させていただいた者です。今年の3月に引っ越しして掲載されていたことを今日、知りました。この立抗櫓は大好きだったので、ぜひ、これからも末永く残していって欲しいと願っています。

署名メールより
緋川小夏さん(神奈川県 横浜市)


●仕事で福岡に4年間住んでいました。たまたまドライブで通りがかった時に出会ったのが志免立坑櫓でした。あの時の衝撃はいまでも忘れられません。独特の存在感にただただ圧倒され、感動しました。

これは絶対に残さないといけない!と思っていたところ、まちづくり論文の公募があったので応募したところ、最優秀賞を頂きました。
こちらよりご覧いただけます)

これからも櫓を残すために何かお役に立てればと思っています。

署名メールより
市川さん(東京都 西東京市)


●土木学会土木史研究委員会土木史フォーラム小委員会の事務局をしております。このたび、当委員会のニュースレターに、志免竪坑櫓の見守り保存決定のニュースを掲載させていただきました。

当委員会のホームページ

には、より詳細な記事を掲載する予定でおりますので、掲載された際には一度ご覧いただければ、と存じます。

なお、当委員会では、メール会員を募集しております。メール会員になりますと、上記ニュースレターのPDF版をメールで送付させていただきます。ご興味がありましたら、上記メールアドレス宛て、ご連絡下さい。
お知り合いの方々にもお勧めいただければ、と存じます。
ニュースレター(及びHP)に記事が掲載されたことに関しましては、公表していただいて構いません。

専門的な立場からの技術史的評価等が重要なことはもちろんですが、「竪坑があるけん志免やろうもん!」等という子供の素朴な声や、このHPの掲示板等に掲載されている地域の人々の声には強い説得力があり、そこにこそ土木遺産の真の意義があるように感じました。今後のご活躍をお祈りしております。

署名メールより
山田さん(東京都 渋谷区)


●これは日本の大切な文化的財産です。
芸術的な財産とも自分は思っています。
是非保存するべきです。福岡のオリンピック誘致など、無駄なものに税金を使われるのは反対ですが、この立坑櫓のために税金が使われるのは、全然構いません。

署名メールより
松岡さん(福岡市西区)


●福岡を離れ関門海峡を渡り住みました。
「志免立坑櫓を活かす住民の会」の活動を知らされ、ここに筆を取るに至りました。櫓への想いを下記HPに綴らさせて頂いた者です。爪の先でも、皆様のお役に立てれば幸いです。
http://kerouac.at.webry.info/200511/article_3.html

署名メールより
草莽の志士さん(山口県下関市)


●竪坑のない志免は寂しい。
竪坑は志免のシンボルなのでそれを崩すような事はしてほしくない。

署名メールより
村正さん(志免町)


●夫の転勤で春日市に5年住んでた関西人です。福岡大好きでした。今もです。私の第二の故郷です。志免は仕事でよく通りました。ああいう景色は他にはありません。これぞ志免って感じです。アイデンティティです。残さないと後悔します。またいつかここに来たとき変わらぬ景色でいてください。

I'll must be back someday.

署名メールより
中村さん(大阪府枚方市)


●私は志免で生まれ育ちました。毎日、立坑をみて育ってきました。いえ、見守られて育ったといってもおかしくないかもです。立坑がなくなったら志免って感じしません。私は現在、立坑の近くにすんでます、晴れた日、雨の日、嵐の日のなか、いまでもたくましく立ってるるようにみえます。しかもボタヤマとセットでみれるとこはここだけなのでしょう?壊したら絶対後悔しそう。みんな悲しむのは当然だと思います。志免に帰ってきたら立坑がない!そんなのありえないです。どうかどうかずっとこれからも志免を眺めるように居て欲しい立坑です。

署名メールより
さいさいさん(志免町)


●今は佐賀でひとり暮らしをしているのですが、実家に帰って自分の部屋から見えるたてこうをみると志免に帰ってきたと思います。それから、町の風景が変わっていく中でずっと変わらず町を見下ろしているたてこうをみるととても幸せを感じます。また、祖父が働いていた場所でもあります。私は、たてこうが町にあることをとても誇りに思っております。雑誌などでたてこうの写真を見かけると嬉しさを感じます。志免町のシンボルである竪坑をどうか、保存していただけますようお願い申し上げます。

署名メールより
みちこさん(志免町)


●昨年、櫓を残す為の署名活動を、されているのを知り父と2人で署名をしに行ったのですが場所が分らず残念に思ってましたところ、オンラインで出来る様になった事を知り早速署名させて頂きます。

署名メールより
T.Y×2さん(粕屋町)


●歴史的な建物は、行政が残していくしか保存の道はないと思います。

署名メールより
茨木さん(福岡県小郡市)


●数年前、周辺の整備工事が行われている時期に志免を訪れ、この立坑櫓を見上げた事があります。その力強さは頼もしくも、また圧倒される物でありました。これは絶対に後世に残さなければなりません。微力ながら応援させて頂きます。

署名メールより
鵜沼さん(神奈川県大和市)


●同じく公園施設内に竪坑櫓を持つ、田川市からです。炭坑節発祥の地である本市において、「創作炭坑節」を創作・推進しています。
本市の竪坑櫓・二本煙突は炭坑節にも歌われており、日本の近代化を支えた石炭産業の貴重な建築物として私たちも誇りに思い、大切に残していきたいと思っています。貴町でのすばらしい取組みに賛成し、応援いたします!

署名メールより
田川創作炭坑節CDR21 総代 中村 成也さん


●産業遺産は人間遺産です。人の足跡、人の創ってきた美しいものを是非後世に残してください。


署名メールより
吉備国際大学 社会学部
文化財修復国際協力学科
助教授 小西伸彦先生
(岡山県)


●旅行で志免町を離れた時、竪坑櫨を見ると安心し若杉山と竪坑櫨の景色はふるさとという気持ちでいます。是非残してほしいものです。

署名メールより
守田さん(志免町)


●立抗櫓は志免町の炭鉱を象徴する建造物です。櫓を保存する事は志免町又国の使命だと思います。

署名メールより
H.w さん(志免町)


●あると安心するし、大切にしてほしい。あることが当たり前のように思っていました。

署名メールより
小西さん(粕屋町)

 

●初めて見たときの感動は今でもはっきりと思いだします。絶対に残してほしいと思います。みなさん、天空の城ラピュタを想像しませんか!?

署名メールより
ナウシカさん(篠栗町)


●一度壊してしまえば、もう建てることはできない。保存しないと何も出来ないではないか。NEDOより譲渡してもらい、その後ゆっくり住民で活かす方法を考えればよいのだからまずは保存のために活動を…

住民の声より
オヤジさん(志免町)


●私達は赤ちゃんの頃から立坑を見て育ってきました。立坑があるから地元への愛着もわき、安心できるのだと思います。歴史を物語る遺産はぜひ保存してもらいたいものです。

住民の声より
昭和さん(志免町)


●私が志免に来てから数年。まだまだ人生の半分も志免で過ごしていません。それでも、旅行などで志免をいっとき離れ、志免に帰ってきて立坑を見ると「ふるさとに帰ってきた」という思いを強く感じます。きっと炭鉱で働かれていた方々は、想像もつかないほど深い想いがあるのでしょう。志免の歴史を物語っていく上で欠かせない立坑櫓をぜひ保存してもらいたいものです。

署名メールより
順さん(志免町)


●「働いて家族支えたその証し」…(市田ひろみさん・服飾評論家)

●「先人の誇りを宿す塔」…(東儀秀樹さん・雅楽師)

●「思い出のブラックホール」…(伊東順二さん・美術評論家)

NHK「発見ふるさとの宝」で紹介されたお言葉
志免立坑櫓の掲載ページはこちら


●「遺産は知産、古き知産を磨いて地域を開く」…(多摩大学・望月教授のお言葉)

●「立坑櫓があるけん志免やろうもん」…(志免町の子どもの声)

 

Copyright(C) 2005-2013 志免立坑櫓を活かす住民の会 All Rights Reserved.